黒子のバスケ|パピレス電子書籍・パピレスのレンタル Renta

黒子のバスケ

黒子のバスケは現在も『週刊少年ジャンプ』で連載が続いている人気漫画です。パピレスでも読むことが出来ます。

 

ジャンプとバスケットボールと言えば即座にスラムダンクを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

スラムダンクは、ヤンキー高校生であった桜木花道がバスケットと出会うことで成長していくストーリーです。多くのライバル高校やチームメイトなどにアクの強いキャラクタが登場する人間主体のストーリーでした。

 

黒子のバスケでも個性的な登場人物たちが登場します。

 

設定は、バスケットの強豪校である帝光中学に集った天才5人組が、それぞれの高校へ散ってバスケットを続けるというストーリーです。その5人組の中に幻の6人目と言われる人間がおり、その人物こそ主人公となる黒子テツヤとなります。

 

スラムダンクでは実際のバスケットボールのリアリティを再現することに苦心したようなあとが見受けられます。身体の躍動感を描いているのです。一方の黒子のバスケでは、どこかファンタジックな要素が強調されています。バスケットボール部の監督が同級生の女性、という設定もその要素を加速させているのかもしれません。

 

黒子のバスケの見ものは、テクニックに名づけされたキーワードです。かつて野球漫画であった消える魔球に相当する、少年漫画の王道とも言える必殺ワザが沢山あるのです。黒子テツヤが得意とするのはミスディレクションと呼ばれる視線誘導術です。他人の視線を自分から逸らす技術です。

 

バスケットボールではフェイントという技術があり、これは、右へ行くと見せかけて左へ進むといった初歩的な騙しのテクニックになります。一瞬で勝負が決まるので、バスケットボールにとっては有効な手段になります。

 

さらに野生と呼ばれるテクニックもあり、これは名の通り野生の勘です。

 

実は当たり前に存在しているものにフレーズを与えているのですが、それがともすれば大げさになりがちでありながら、実際にマネしてみることもできますし、日常生活でも用いることができる。それが漫画として人気に火をつける要素になっているのではないかと思います。

 

何より主人公の黒子テツヤの身体プロフィールが身長168センチというのもリアリティがあります。

 

バスケットボールは身長が高いほど有利なスポーツですが、その中で身長の低さを身体能力の高さで補うというのは日本式のバスケットボールの王道方式です。そして黒子は決して能力に優れた人間として描かれてはいません。この嫌味のない設定も好感が持てます。