BLEACH|パピレス電子書籍・パピレスのレンタル Renta

多くの世代に愛される「BLEACH」

BLEACHは『週刊少年ジャンプ』で10年以上に渡って続いている人気連載漫画でありパピレスで読むことができます。

 

作品のタイトルであるブリーチは、髪の毛の色を染めて変えることを意味することと同じであり、色を際立たせるという意味があります。

 

作品の舞台は、人々の生きている現世と、天国にあたる世界、地獄にあたる世界、そして天国でも地獄でもない世界が描かれています。それぞれの世界を縦横無尽に行き来するのが物語の魅力です。それぞれの世界の住人たちが、バトルを繰り広げるというジャンプの王道路線をいくテーマでありながら、女性キャラクターが活躍するなど、これまでのジャンプにない世界もかもしだしているので、多くの世代に老若男女問わずファンを獲得しているのが漫画の魅力です。

 

主人公の黒崎一護が、ある時死神から役割代行を任されて、それに挑んでいくというのが物語の主題です。そこで出会った仲間たちの冒険劇が描かれていきます。主人公に思いを寄せる女性キャラクターの存在も欠かせません。彼女の名前が織姫というのもロマンチックでよさげです。

 

多くの必殺技や呪文、道具などが作品には登場します。

 

刀や鍵など、往年のRPGに用いられた設定から、自ら修行によって獲得できる武術など、多彩な設定が用意されています。部隊が編成されており、そのマークや制服なども用意されており、多くのグッズが作成され、コスプレを楽しむ人間も多くいるようです。

 

その多様性が物語の魅力へ繋がり長期連載がなされることになっているのではないでしょうか。死んだ人間が生き返る、もしくは生と死の間を往復する存在というのは「ドラゴンボール」から続く王道の設定でもあります。それを一部の堅物な人間が死をバーチャルなものとして扱っているとして批判もされますが、むしろ死をタブー化させず現前させることによってより深い議論が生じ得るという可能性もあるのではないかと思います。子供のうちからバーチャルであれ、それに触れることは悪いことではないでしょう。

 

 

まずはそこに触れてみる。死を取り上げ、向き合った物語はとても正直なものではないでしょうか。

 

現在単行本は60巻を超えており、ジャンプの連載陣の中ではONE PIECEやNARUTOと並ぶ長期連載になっています。かつてジャンプの黄金期を「幽遊白書」「スラムダンク」「ドラゴンボール」といった連載が支えていたように、現在の三大連載に数えられるかもしれません。