書籍数について|パピレス電子書籍・パピレスのレンタル Renta

パピレスの書籍数

紙媒体から電子媒体へ変更して「電子書籍」を提供する企業が増えています。パピレスもそんな企業の一つです。スマートフォンなどの携帯用パソコンが広く利用されるようになり、電子書籍の利用者も増加傾向にあります。
電子書籍を販売する大手ストアの書籍数比較を見てみると、2012年の調べでは一番多い蔵書数のストアで11万冊を超えています。大手ではその他のストアでも7万冊から10万冊程度のところが目立ちます。
一方、蔵書数の少ないストアでは、2万冊程度のところもあります。

 

書籍数だけで決めない、電子書籍の比較の仕方

 

電子書籍はネットワークからダウンロードし、、手軽に持ち運びができることからいつでもどこでも読むことのできる書籍として浸透しています。
また携帯電話の普及により『ケータイ小説』といった新たな分野も生み、独自性のある小説として若者を中心に注目されてきました。
浸透に伴い、パピレスからはさまざまな作品が発行されていますが、従来の電子書籍専用のリーダー端末だけでなく、
今ではスマートフォンでもダウンロードをして読む事が出来ます。
専用のアプリケーションを入れれば書庫のように書籍を並べられ、自分だけの本棚ができます。
金額では店頭販売と比較すると電子書籍の方が割安で手軽に手に入ることから、書籍数は年々伸びてきました。
しかし、コンテンツの複雑な権利関係のため、新作書籍など電子化にするには至っていません。パピレスでもその問題をクリアした作品だけを販売していて、その作品数は増え続けています。

 

電子書籍サイトを書籍数で比較する

 

電子書籍を購入する場合、まずは書籍を販売しているサイトに登録する事が必要です。私のお勧めは日本最大級の書籍数を誇るパピレスがオススメです。
ネットには複数の電子書籍サイトが存在しますが、いくつものサイトに登録した場合は管理が大変です。
出来ればひとつかふたつに絞って登録したいものです。
登録時、ひとつの目安になるのは、サイトの書籍数です。幅広いジャンルの書籍を揃えているサイトなら、買いたい本が登録されていないというストレスもありません。
買いたいジャンルの本があるかどうか、書籍数を比較してサイト選びをしてみましょう。

 

本屋と電子書籍サイトの在庫や書籍数の比較と説明

 

本屋と電子書籍サイトで扱える書籍数を比較すると、電子書籍サイトの方が扱っている書籍数が多いです。

 

電子書籍サイトは、電子データをコピーしてダウンロードするだけなので、
電子書籍サイトで扱える書籍の数に制限がなく、過剰に売れ残る事や在庫切れなどもないです。
そのため、多くの種類の書籍を扱うことができます。

 

本屋などでは店舗内に置ける書籍の数が限られてしまうので、
無制限に店舗内に書籍を置くことができないです。
また、過剰在庫や在庫切れなどの在庫上の問題や、
書籍の取り寄せ時などに時間がかかるという問題点があります。
今一番人気の電子書籍サイトはパピレスといってもいいのではないでしょうか?